新居浜協立病院

  1. 内科
  2. 心療内科・精神科
  3. 入院のご案内
  4. 差額ベッド料なし
  5. 検査のご案内
  6. 診療実績
  • ホーム
  • 病院の概要
  • 医療生協の紹介
  • 医療連携室
  • 介護サービス
  • 医師・部署紹介

HOME診療のご案内内科 > 生活習慣病

生活習慣病

生活習慣病ってなに?

偏った食生活や運動不足、ストレス、喫煙など、毎日の好ましくない生活習慣が積みかさなって引き起こされる病気です。

多くの生活習慣病は、自覚症状がはっきりあらわれにくく、 相当の年数を経てから病状が現れてくるのが特徴です。
代表的なものに脂質異常症(これまでの高脂血症)、高血圧症、糖尿病があります。
これらの疾患も自覚症状が現れにくく、気づかないうちに動脈硬化がすすみ、 狭心症や心筋梗塞、脳卒中、閉塞性動脈硬化症などの病気を引き起こします。
このほか、がん、腎臓病、肝臓病、骨粗鬆症、歯周病なども生活習慣病に入ります。
最近では、肥満がきっかけで起こるメタボリックシンドロームが話題になっていますが、 いくつかの生活習慣病や因子が重なると、心臓病や脳卒中が生じる危険性が一層高まります。
それぞれの病気が深く関係する生活習慣病の特徴をおさえ、自分は大丈夫と過信せずに、 毎日の生活全般に注意を払いましょう。

病気を発症させその進行に影響を及ぼす生活習慣とは?

〜ライフスタイルを改善しましょう!〜

  • 食生活はバランスよく習慣(食べ過ぎ、偏食、食事時間不規則の改善)
  • 体重の変化に気を配りましょう
  • 適度な運動を生活に取り入れましょう
  • 睡眠を十分にとり、リラックスした毎日を過ごしましょう
  • タバコはやめましょう
  • 飲酒はほどほどにしましょう

生活習慣をチェックしましょう!

狭心症や心筋梗塞、脳卒中、閉塞性動脈硬化症などの重大な病気を防ぐためには脂質異常症、高血圧、糖尿病などを正しく知る必要があります。 また、自覚症状がなくとも定期的に自分の身体の状態をチェックすることが大切です。

TOPに戻る